リースバック 比較

リースバック 比較 自宅を活用した資金調達

  • 再生回数:23

リースバック 比較 自宅を活用した資金調達

このコロナ禍で年収が減少した方、将来への不安が増す方が多いのではないかと思います。
転ばぬ先の杖ではないですが自宅を活用した資金調達を考えたらどの様な選択があるか、じっくりと調べられる事をお勧めします。以下に自宅を活用した資金調達の方法を幾つかお伝えいたします。
ハウスリースバック、不動産担保ローン、リバースモーゲージ等、以下に自宅を活用した資金調達の方法を幾つかお伝えいたします。やはり正直なところ、お勧めは、ハウスリースバックですが、たとえばリバースモーゲージと比較するなどしてしっかりご確認いただければと思います。

  1. リースバック 比較 住宅ローンの返済がまだ完了していない場合の資金調達
  2. リースバック 比較 住宅ローンの返済が完了している場合の資金調達
  3. リースバック 比較 第三の資金調達方法 ハウスリースバック

1.リースバック 比較 住宅ローンの返済がまだ完了していない場合の資金調達

住宅ローンの返済がまだ完了していない場合、純粋な新規の借入とは異なりますが、住宅ローンの返済条件の変更を依頼するのが良いかと思います。

例えば、返済の一時停止だったり、毎月の返済額を減少させて返済期限を延ばしたりという方法が考えられます。
返済の一時停止というのはなかなか金融機関の了解を得づらい話かと思いますが、返済額の減少と返済期間の延長という話はよくあるものです。
その際、息子や娘などを、新たに連帯保証人に入れ、親子リレーローンの形に変えていくことがあります。

その他に住宅ローンの借り換えというの手段もあります。
他の金融機関に変更して借入額を増やしたり、返済期間を延ばしたり、毎回の返済額を減らしたりするという形です。
ですが、現在住宅ローンの返済に窮している方が単独での借り換えの場合、借入額を「増額」するのはかなり稀であります。
やはり親子リレーローンの様な形で引き継ぐ事を条件に借入額を増やすくらいしか方法はありません。
金額を増やす目的で借り換えをする事で、全般的な条件は悪化してしまうことを覚悟しておく必要があるかと思います。

2.リースバック 比較 住宅ローンの返済が完了している場合の資金調達

住宅ローンの返済が完了してしまったら、その住宅を対象に再度「住宅ローンの借入」を組むことは難しくなっております。
住宅ローンがその制度上、住宅を取得するのに現金で住宅を買うことが出来ない方を支援する事が目的であるからです。
住宅を取得して、住宅ローンも完済してしまったら、再度住宅ローンを利用する事は出来ません。ただし、新たに行う借入が下記の様に住宅そのものに関わる借入の場合は可能性があります。

a.住宅に関係する借入

既に住宅ローンを完済した住宅に関わるリフォーム工事や、増改築工事等の住宅に関わる工事等をされる場合には住宅ローンを新たに組むことが可能な場合があります。
※ただし、その場合は住宅改修等に使途が限定されます。

b.住宅に関係しない借入

住宅に関係しない借入は住宅ローンを再度利用する事は出来ません。
この状態で利用できるのは、住宅を担保にした不動産担保ローンか、リバースモーゲージとなります。
住宅を担保にした不動産担保ローンは年齢の縛りがありませんが、リバースモーゲージは商品の制度上60歳以上等の年齢制限があります。

2-1.リバースモーゲージについて

住宅ローンよりは全般的に金利はかなり高くなります。ただ、不動産担保ローン程高くはありません。
例えばりそな銀行の場合には変動金利で2.475%になります。
(2021年1月現在)住宅ローンが変動であれば0.5%前後であるのに比べると高くなります。

(1)年齢が60歳以上の場合

金融機関によっては年齢が65歳以上の商品構成の場合も多くありますが、60歳以上の場合に一定の条件で借入が可能となります。
健康であること、収入が一定額あること、認知症でないことなどです。

(2)年齢が60歳未満の場合

年齢が60歳未満でも50歳以上が利用できるリバースモーゲージもあります。
ただし、借りられる額が少ないなど様々な制約があります。リバースモーゲージの商品設計上、元金の返済が債務者の亡くなった時となりますので、若ければ若いほど返済までの期間が長くなります。
その為、若い年齢の方のリバースモーゲージは成立しづらいのが現状です。

2-2.リースバック 比較 不動産担保ローン

不動産担保ローンについて、リバースモーゲージのような年齢制限等はありません。
何歳でも利用は可能です。ただし、認知症等があって意思決定が出来ない方は別です。
不動産担保ローンは一般的には金利が高く(3.5%~10%前後が多くなります。)、返済期限は長くも短くも借主の希望の通りに出来、団信等は利用せず、資金の使用使途は制限されません。

リースバックならマイホームだけは守らナイト 最短3日でご契約

リバースモーゲージと比較すると敷居が低いのが不動産担保ローンになります。
私自身が、収益不動産を担保に不動産担保ローンを利用しているのでわかりますが、審査はそれでも比較的厳しいのが一般的です。
特に収入や税金の滞納状態等がチェックされます。私の場合には個人所有物件を会社の事業用借入の担保にしております。
借主は法人で、担保提供者が個人という形で行っております。金利は3.5%前後と高くなりますが、法人での借入を伸ばすという部分に活用できます。

3.リースバック 比較 第三の資金調達方法 ハウスリースバック

第三の資金調達方法として、自宅不動産などを活用したハウスリースバックが挙げられます。
自宅不動産や駐車場等の空き地や事業に利用している店舗や工場等もリースバックの対象となります。
先日のエイベックスビルのケースのように、事業を継続させる為に利用されるケースが増えてきております。
ハウスリースバックに関しては他の部分でご説明しておりますのでこちらを参照ください。

まとめ

自宅不動産を活用した資金調達には様々な方法があります。ただし、年齢、収入、資金の利用使途、借入期間の長短、その他諸々の条件によって制限されます。
住宅ローンそのものを見直すのか、年齢が高い場合にはリバースモーゲージが利用出来るのか、そうでなければ一番敷居の低い不動産担保ローンを金利が高いが考えるか、ハウスリースバックで一旦残債を完済して残債とハウスリースバックで売れた価格の差額を調達するかになります。
「マイホームだけは守らナイト」の運営会社の、みなとアセットマネジメント株式会社は不動産会社ではありますが、どの様な手段を使うのが最善かアドバイスさせていただきます。
もし、ハウスリースバックで資金調達をするのが良いとなればお勧めさせていただきます。

リースバックをご検討中ならマイホームだけは守らナイト 最短3日でご契約